仮想現実ヘッドセットのOculus Riftが使えなくなる症状が全世界で発生しています。

PCでOculusソフトウェアを起動しようとすると、上記の「Oculusランタイムサービスが利用できません。アップデート中の可能性があります。問題が続く場合はサポートへ」のエラー表示。

PC側のソフトが起動できないため、VRアプリケーションの一覧も見られず、Riftをかぶっても何も見えません。




ユーザーから問題発生の報告が増え始めたのは日本時間で3月7日深夜~8日未明あたり。エラーでOculusアプリ自体を起動できず使えないとの内容でした。

エラーメッセージの指示どおりにしばらく待っても、アプリやPCを再起動しても、ディスプレイドライバなどを更新しても結果は同じ。

起動できていた場合にも、アップデートキューにOculusソフトウェアの更新が現れたものの、実際にダウンロードとインストールはできない状態で詰まった、再起動を試みたら開けなくなったとの報告があります。


Oculusサポートが日本時間の8日朝に告知した内容によれば、原因はOculusソフトウェアが使う証明書の期限切れ。

7日で切れるサーティフィケーションで更新を配信していたため、うっかり?期限切れしたことでアップデートの真正性が確認できず、詰まっていたとの説明です。

Oculusによれば、原因は判明したものの対策は現在も検討中。公式に認められた修正方法は今のところなく、待つしかない状況です。(日本時間8日早朝時点)

ただVRゲームやコンテンツを楽しもうとしていたユーザーや、Riftが使えないと仕事にならない開発者はもちろん、旧バージョンのまま動かすこともできないのは、間が悪くちょうどVRのデモやプレゼンテーションを見せる必要があった場合などには泣くに泣けない障害です。

未来を生きているVRユーザーには、こっちのソーコールド現実よりもむしろOculusホームで作りこんだ仮想空間のほうが自宅、VRChatのアバターが本当の私、魂の拠り所から切り離されて耐え難い苦痛を味わっている!というかたもいらっしゃるかもしれません。

しかしこうした不具合が発生すると、「公式が遅いからとりあえずの修正を作った。自己責任で」といってマルウェアが配布される場合、善意で作られた本物の修正の名を借りて悪意のある内容が拡散される場合もあります。こと証明書にかかわる問題だけに、公式からの修正対応があるまで待機が無難です。

公式サポートフォーラム Oculus Forums Oculus Runtime Current Status