HTC NIPPONが、HTC U11 lifeをSIMフリー端末として国内発売すると発表しました。HTC U11 lifeは、2017年12月にY!mobileから発売されたAndroid One X2のベースモデル。といってもAndroid Oneをうたっていないだけで、基本的に同一モデルです。

HTC U11の廉価版的な位置づけのモデルで、デザインもU11同様のリキッド・サーフェイスデザインを踏襲しています。ただし、背面はガラスではなくアクリル製。このため、本体重量は142gと軽量に仕上がっています。

▲カラーバリエーションは3色

廉価版とはいえ、U11と同様に側面を握って操作するエッジ・センスにも対応。カメラの撮影や各種アプリの起動に使えるほか、GoogleアシスタントやAlexaの起動が可能。「OK Google」と発話する必要がなく、ディスプレイがオフの状態からも起動できます。

メインカメラ、フロントカメラ共に1600万画素のカメラを搭載。U11と同じく、リアルタイムにHDR効果を確認できるHDRブーストに対応します。また、インカメラは1つ1つの画素を大きくしたウルトラピクセルに対応。取り込む光量を増やすことができ、繊細な色味を表現できるとしています。

その他、主なスペックとしては、画面サイズ 5.2インチ 1920x1080、SoCはSnapdragon 630。RAM 4GB、ストレージ 64GB、バッテリー容量2600mAh。インターフェースはUSB Type-Cで3.5mmジャックは非搭載です。

IP67の防水防塵、おサイフケータイにも対応しますが、ワンセグには非対応。U11と同じくハイレゾ、アクティブノイズキャンセルに対応したイヤホン HTC Uソニックが付属します。

HTCの公式ショップでは取り扱わず、いまのところ楽天モバイルからの販売のみとなっています。価格は3万9800円(税別)。すでに予約が開始されており、オンラインでは3月19日(月)に発売です。