パナソニック、EV用バッテリーを中国でも量産開始。日米中の3極体制に

バッテリー価格が下がればEVも手頃に

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年03月13日, 午後 12:30 in ev
0シェア
FacebookTwitter

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(パナソニックAIS)は3月13日、中国・大連に建設した新工場で、車載用リチウムイオン電池の量産出荷を開始したと発表しました。

同工場で生産するのは、EVやPHV(プラグインハイブリッド車)の普及で需要拡大が期待されている車載用リチウムイオン電池です。その中でも、高出力で高容量、かつ安全性が高いという角型電池を、北米市場ならびに中国市場向けに出荷するとしています。

パナソニックAISといえば、EVメーカーのテスラと協業し、米ネバダ州で大規模なバッテリー工場「ギガファクトリー」を稼働させています。新工場の稼働により、「日本・アメリカ・中国の世界3極での生産体制を整えた」としていて、今後はこれらの拠点を活かし、車載電池事業の拡大を図るとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: automotive, battery, ev, panasonic, tesla
0シェア
FacebookTwitter