IngressやポケモンGOなど、位置情報に基づくゲームが根強い人気を獲得していますが、こうした位置情報ゲームが作りやすくなるよう、GoogleマップのAPIがゲーム開発者向けにも公開されました。

さらに、ゲームエンジンであるUnityとの統合も発表。Googleマップの持つ地図データや建物の3Dデータを利用したゲームの開発が容易になります。さらに、Googleマップ上のデータを元に、テクスチャや建物の形状などのカスタマイズも可能です。

この2つを組み合わせることで、例えば、現実の地図をベースにしながら、スマートフォンを通じて見た世界は中世ヨーロッパのようであったり、荒廃しゾンビがさまよう世界であったり......といった演出を使ったゲームの開発が、従来に比べて容易に実現できるようになります。




位置情報を使ったゲームは、先に挙げたIngressやポケモンGOのほか、ナイアンティックがハリー・ポッターのゲームを作成すると表明済み。また、韓国FourThirtyThreeは、GoogleのARCoreを使ったゴーストバスターズのARゲームを発表していますが、これらは今回公開されるGoogle Maps APIを先行して用いているとのこと。他にも同APIを利用したタイトルとして、The Walking Dead: Our WorldJurassic World Aliveといったタイトルが挙げられています。

なお、来週サンフランシスコで開催されるGame Developer Conference(GDC)で、実際にGoogle Map APIを使ったデモが行われるとのことです。

電脳コイル、あるいはソードアートオンラインのオーディナル・スケールのようなゲームが登場するのはまだ時間がかかりそうですが、位置情報ゲームはこれからますます面白くなりそうです。