2006年の今日、ソフトバンクによるボーダフォン買収が発表されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年03月17日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・1985年3月17日、国際科学技術博覧会(Tsukuba Expo '85)が開幕
・2006年3月17日、シャープがHDDを6GBに増量した「SL-C3200」を発売
・2006年3月17日、ソフトバンクがボーダフォンを買収
・2016年3月17日、ワイモバイルが下り261Mbpsのモバイルルーター「504HW」を発売
・2017年3月17日、コペックジャパンがカイン社製ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「N3 DAP」を発売3月17日は茨城県の筑波で行なわれた「つくば科学万博」こと、「国際科学技術博覧会」が開幕した日。1985年のことです。万博そのものに行ってなくても、マスコットキャラクターのコスモ星丸は知っていたりしますよね。

過去のできごとで気になったのは、ソフトバンクによるボーダフォン買収(2006年)。これより前からソフトバンクは携帯電話事業へ参入するため活動していましたが、ボーダフォンの買収により、ゼロからではなく設備やユーザーを保有した状態からのスタートとなりました。ちなみに前年には新規参入のために1.7GHz帯の免許を取得していましたが、後に返上しています。挑発的な料金プラン(ブループラン・オレンジプラン)やキャッシュバック合戦といった混乱も巻き起こしましたが、携帯料金の低価格化、iPhoneの国内投入など、ユーザーのメリットになることも多くありました。電波改善宣言で基地局倍増とかもありましたね。

もうひとつ気になったのは、シャープの「SL-C3200」発売(2006年)。シャープ独自のPDAとなるZaurusシリーズ最後のモデルです。ハードウェア的には前モデルとほぼ同じでしたが、HDDが6GBに増加したほか、英語学習コンテンツが強化されました。OSにLinuxを採用していたり、CPUがXScale(IntelによるARMプロセッサー)だったりと、スペックを見るとなかなか興味深い点があります。通信機能は内蔵していませんがCFスロットを装備しており、PHSや無線LANカードを使うことでネットへの接続が可能でした。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

ヤマト、宅配の時間指定「正午〜14時」を廃止ーー社員が働きやすい環境のため


ヤマト運輸が配達時間指定を一部廃止・変更する、という話題です。配達時間の指定は、とくに再配達依頼時にしている人が多いと思いますが、その時間帯から「12時~14時」の時間がなくなりました。よくよく考えてみれば、この時間帯は一般的には昼休み。配達員に休みなく働けといっているようなものだけに、廃止も納得がいきます。というか、改めてみると2時間刻みで時間が指定できるのって、かなりすごいことですよね......。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: softbank, today, vodafone
0シェア
FacebookTwitter