インテル、Spectre・Meltdown対応でプロセッサー設計を変更。新チップは今年後半に出荷

ソフトウェアだけでは修正できない問題に対応したCPU

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年03月16日, 午後 04:00 in Personal Computing
0シェア
FacebookTwitter
インテルCEOのブライアン・クルザニッチ氏が、SpectreとMeltdownの脆弱性に対するリスクを低減させるため今年後半に発売する第8世代(Coffee Lake)Xeon およびCoreプロセッサーの再設計を実施したと語りました。

再設計はソフトウェアで修正を進めてきた脆弱性(Spectre Variant 1)、ではなくハードウェアでの修正が必要なSpectre Variant 2、Meltdown Variant 3と称する2種類の脆弱性を修正します。クルザニッチ氏はさらに、将来的なインテルのプロセッサーは"パーティショニング"などと呼ばれる手段によって新たな保護レイヤーが実装されることになるだろうと述べ、アプリケーションレベルとユーザー特権レベルのあいだに追加される防護壁になると説明しました。

この変更は今年後半に出荷される予定のXeon Scalable(コード名"Cascade Lake")プロセッサー、同じく今年後半以降の第8世代Coreシリーズから適用されます。

記事執筆時点では、インテルはプロセッサーへのハードウェア的な変更が処理速度にどのような影響を与えるかを示していません。しかし「これら製品の市場投入によって、人々に期待される性能向上を確実に提供することが重要」だとクルザニッチCEOは述べています。

SpectreとMeltdownが見つかった当初、インテルは脆弱性を軽視しすぎていたとする批判の声もあります。そしてその後は米国議会から説明を求められ、さらに約30件もの集団訴訟を起こされる状態にまで事は大きくなっています。

一方、早々にSpectre/Meltdownの影響はほとんどないと公表していたAMDのほうは、今週に入ってこれらに類似した脆弱性が突然公表されました。しかしこちらはSpectre/Meltdownほどには影響は大きくないと考えられています。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Chips, gear, intel, Meltdown, Microcode, personal computing, personalcomputing, Processors, Spectre, video
0シェア
FacebookTwitter