新型HMD「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」が4月6日に発売決定、価格は9万4000円

現行VIVEは6万4250円に大幅値下げ

ジャイアン鈴木
ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2018年03月19日, 午後 10:00 in vr
0シェア
FacebookTwitter

HTC NIPPONは、新型HMD「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」を4月6日に販売開始すると発表しました。本製品は現在販売されている「VIVE(コンシューマーエディション)」または「VIVE(ビジネスエディション)」をVIVE Pro HMDにアップグレードするキットで、価格は9万4000円(税別)となります。これに合わせて「VIVE(コンシューマーエディション)」は6万4250円(税別)に値下げされ、3月23日より「VIVEトラッカー(2018)」を国内販売開始することも発表されました。

VIVE Pro HMDは現行のVIVEの上位モデル。解像度の向上したデュアル有機ELディスプレイを採用しており、現行のVIVEよりピクセル数が78%向上した2880×1600ピクセルの高画素映像が提供されます。また従来オプションとなっていたヘッドフォンが標準搭載され、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。


メガネを装着したままでもかぶりやすいように、また鼻の上のクッションから外光が侵入しないようにヘッドセットのクッションが改善されています

VIVE Proの主な進化点は下記の5つです(最初の仕様は現行のVIVEのもの)。
・解像度 2160×1200ドット(448ppi)から 2880×1600ドット(615ppi)へ
・カメラ フロントカメラ×1 から フロントカメラ×2へ
・サウンド デラックスオーディオストラップ(オプション) から ハイレゾ対応ヘッドフォンへ
・マイク マイク×1 から デュアルマイク(ノイズキャンセリング機能搭載)へ
・ベースステーション ルームスケール(対角5m)から ハウススケール(10m×10m)へ


ハイレゾ対応のヘッドフォンが標準で搭載されています

VIVE Pro HMDはSteamVR Tracking1.0と2.0の両方で動作します。そのため現行のVIVEのユーザーは、ヘッドセット部分をアップグレードするだけで、いま使っているコントローラーとベースステーションをそのまま使えます。これにより比較的安価に上位の新型HMDにアップグレードできるわけです。なおVIVE Pro HMDでこれまでのVIVE用コンテンツは動作しますが、そのままではディスプレイ解像度は向上しません。高解像度VRグラフィックスを楽しむためにはコンテンツがVIVE Pro HMDに対応する必要があります。

VIVE Pro HMD(アップグレードキット)はオンラインストアでは4月6日午前10時、店舗では4月6日開店時より販売が開始される予定です。日本では事前予約は実施されません。またVIVE(コンシューマーエディション)は3月19日22時より7万7880円より1万3630円下げた6万4250円(税別)に順次改定されます。

VIVE Pro HMD(アップグレードキット)を一刻も早く入手したい場合は、ドスパラ、TSUKUMO、ユニットコムなどの各店舗に事前に入荷状況を確認したうえで、開店に合わせて訪れることをオススメします。なお筆者はVIVE Pro HMDの貸し出し機をHTC NIPPONより借用しているので、近日中にレビュー記事をお届けいたします。


新宿・歌舞伎町のVR ZONE SHINJUKUで、VIVE Proを採用した新VRアクティビティ「大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー」が3月9日より稼働中です。発売前にVIVE Proを体験したい方は、ぜひVR ZONE SHINJUKUを訪問しましょう

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: htc, HTC Vive, vr
0シェア
FacebookTwitter