決定的瞬間を先読み! 最新Xperiaのカメラ機能を使いこなす:Xperia Tips

シャッターチャンスを逃しがちなあなたに

Misa Nakagawa
Misa Nakagawa
2018年03月19日, 午後 03:00 in xperia
0シェア
FacebookTwitter

走っているペットや子どもなど動きがある被写体を撮影するとき、シャッターのタイミングが遅れて思うように撮れなかったという経験はありませんか。そんなときに便利なのが、Xperiaの独自カメラ機能「先読み撮影」です。

これは、シャッターを押す前の動いている被写体に反応し、写真データをあらかじめ一時保存しておけるというもの。撮影時に目をつぶってしまったり、シャッターを押すのが遅れてペンギンがそっぽを向いてしまっても、その直前に起きた光景が保存されているので、「先読み撮影」した写真を後から確認できます。「先読み撮影」で記録できる写真は最大4枚で、そのなかからベストショットを保存できます。

設定で先読み撮影をオンにする

動いている被写体を「先読み撮影」するには、まずはカメラの設定で「先読み撮影」を有効にしましょう。カメラの設定を開いて、「先読み撮影」をタップして「自動」にします。こうしておくと、動きのある被写体を感知して自動で先読み撮影してくれていて、シャッターボタンをタップすれば、撮影直前の写真も一緒に提示してくれます。



▲設定メニューで「先読み撮影」を「自動」にする。カメラが被写体の動きを検知すると、自動で画像を一時保存するように設定される。被写体の動きが検知されない場合は、「先読み撮影」は機能しない


シャッターを押したら4枚からベストを選択する

撮影ボタンをタップすると、右下に「先読み撮影」と表示が出るので、サムネイルアイコンをタップします。

シャッターボタンを押した瞬間と押す前の写真が表示されました。表示される写真は最大4枚です。その中から残したい写真をタップして、「この写真を保存」をタップすれば、アルバムアプリに保存できます。


▲撮影時に一時保存した画像が最大4枚表示される。シャッターを押した瞬間の写真は右下の「撮影時」のもの。紙吹雪が落ち切っており、手も下の方に動いてしまっている



▲「先読み撮影」で1枚目に表示された「先読み撮影1」の写真を選択。網吹雪が舞い、二人ともが手を挙げているベストショット。「この写真を保存」をタップすれば、選んだ写真のみ保存できる。「すべての写真を保存」をタップすれば、4枚すべてを保存できる

笑顔検知機能も対応

最新Xperia XZ1では、「先読み撮影」に笑顔検知機能が追加されました。動きのある被写体のほかに、被写体の笑顔を検知することで「先読み撮影」が実行されるので、一瞬の笑顔も逃しません。


▲笑顔検出による先読み撮影で3枚が表示された。先読み撮影で表示される枚数は、2枚や3枚のときもある。「撮影時」の写真は手が下に降りてしまっているので、ベストショットの「先読み撮影1」をタップして、その写真のみを保存した

実際に使ってみると、被写体が動いていても「先読み撮影」で表示される写真が2-3枚だけのときもしばしばあり、この機能があればシャッタータイミングが遅れても確実に3枚はストックがある! ということではなさそう。しかし、慣れてくるとシャッターを押す数秒前のシーンが残るんだなと少しづつコツも掴めてきます。被写体が多少長く動いていると、4枚きれいに記録されそうです。突然のシャッターチャンスに慌てて撮影したときの"保険"として役立ちそうだと実感しました。

また、動きのある面白い写真を撮りたいときに、あえて「先読み撮影」を使って遊んでみるのも楽しそう。動いている被写体を撮影するときはどうしてもシャッターチャンスを逃しがちですが、そんなときは、「先読み撮影」をしてみてはいかがでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: camera, photo, tips, xperia, Xperia Tips
0シェア
FacebookTwitter