ソフトバンクは、「5G」を利用した信号伝送実験を実施しました。時速60〜90kmの高速移動時において、1ms以下の低遅延通信に成功したと発表しています。

実験では、4.7GHz帯を利用して、5G基地局とトラック間で信号伝送を実施。その結果、1ms(1秒の1000分の1)の低遅延を実現したといいます。同技術は、遠隔地から自動車を遠隔運転するなど、さまざまなモビリティサービスへの適用が期待されます。

また、28GHz帯を利用して、隊列走行するトラック同士で5G通信する実験も行いました。その結果、車両間直接通信だけでなく、基地局を経由した通信でも4K映像のリアルタイム伝送に成功したといいます。

ソフトバンクは今回の実証実験結果を踏まえ、トラック車両と運行管制センター間の通信に5Gを適用するなどの技術検証を進めるとしています。