アップルが、教育分野向けイベント「Let's take a field trip.」で教育アプリ向けにしつらえた新しいフレームワークClassKit APIを発表しました。

価格そのままでApple Pencilに対応した新しいiPad、そしてClassKit対応したSchoolwrok、iWork、Garageband、Swift Playgroundなどを組み合わせることで、教師は学生たちの課題進捗などを手軽に把握することが可能となります。ClassKitフレームワークはSchoolworkアプリと統合されており、教師は課題(宿題)をクラウド経由で学生に届けられるうえ、学生の学習進捗状況を簡単に把握、評価採点もできます。iWorkやGaragebandなどといったアプリとも統合されているほか、開発者がClassKit APIを利用して独自の教育アプリを作ることもできます。教師は、ClassKit APIに対応するSchoolwork以外の学習アプリへも学生を誘導できます。

アップルはClassKitフレームワークを最大限活用するため、学生向けの無料iCloudストレージ容量を200GBにアップグレードすると発表しました。

Schoolworkアプリは6月から提供開始の予定。同じく6月にはベータ版ながらMac向けのClassroomアプリも導入可能になります。これはiPad版Classroomと同じ機能をMacOS上で利用可能にするアプリ。たとえば教室にある全ての登録済みiPadで同じアプリを起動させたり、遠隔操作が可能になります。なお、ClasskitフレームワークはiOS 11.4の機能としての提供となります。