Amazon、4月4日より配送料を50円~180円値上げ。プライム会員は無料を継続

プライム会員のお得感が増しています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年04月4日, 午後 03:00 in Business
0シェア
FacebookTwitter

Amazon.co.jpは4月4日、同社が発送する商品の配送料を値上げしました。これまでは、注文金額が2000円未満の場合、一律で350円でしたが、新しい料金では本州・四国(離島を除く)は400円、北海道・九州・沖縄・離島では440円と条件が変更されています。

お急ぎ便も値上げとなり、従来360円だったのが、本州・四国(離島を除く)が500円、北海道・九州が540円。当日お急ぎ便は従来514円だったのが、本州・四国(離島を除く)が600円、北海道・九州が640円となります。沖縄・離島など、一部でお急ぎ便の対象外地域もあるとのこと。

発売日/発売日前日お届け対象商品をお急ぎ便で注文した場合、配送料は一律で360円となります。

なお、注文金額が2000円以上の場合、通常配送はこれまで通り無料。Amazonプライム会員、Prime Student会員の配送料も無料のままです。

Amazonは2010年から「合わせ買い対象品」など一部例外はあったものの、全品配送料無料としていましたが、2016年4月に注文額が2000円未満の場合に配送料を350円へと引き上げていました。今回の配送料値上げはそれ以来となります。

Amazonの配送に関しては、ヤマト運輸がサービス見直しの一環としてアマゾン側と配送料の値上げ交渉を実施。それに伴い、デリバリープロバイダ経由での配送が増加し、その配送が遅延するなど、幾つかの問題が浮き彫りとなってきています。今回の値上げは、そうした状況を受けたものと考えられます。

配送料が無料になるプライム会員の年会費は3900円。お急ぎ便で年8回程度買物をすれば、十分に元がとれ、これにPrimeビデオやPrime Musicの見放題・聞き放題が加わるとなると、プライム会員のお得感がさらに増した言えそうです。


通常配送
条件 変更前 変更後
本州・四国(離島を除く) 北海道・九州・沖縄・離島
注文額2000円以上 無料 無料 無料
注文額2000円未満 350円 400円 440円

お急ぎ便
条件 変更前 変更後
本州・四国(離島を除く) 北海道・九州
通常の商品をお急ぎ便で注文した場合 360円 500円 540円
通常の商品を当日お急ぎ便で注文した場合 514円 600円 640円
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: amazon, Amazon prime, amazon.co.jp, Business, deliveries, Free, Internet, shopping
0シェア
FacebookTwitter