[EngadgetUS版より(原文へ)]

4Kテレビ放送の構想はやっと離陸を始めたところですが、テレビ関係者たちは、すでに次の計画を考えています。世界のメーカーや番組製作会社などが参加して将来のテレビ放送に関する規格決定を行う会議「ウルトラHDフォーラム」は、初めての「フェーズB」ガイドラインを発表しました。将来の4K放送開始に向けて、関係者どのような技術を準備すればよいかが詳細にわかるようになりました。想像どおり、ここではやはり、フレームレートの高速化が主役になっています。

フォーラムでは、地域によって差はあるものの、100fpsから120fps、最低でも60fpsを目指しています。さらに、ドルビー・ビジョンやSL-HDRといった形式を採り入れてダイナミックHDR映像を実現。音声は、ドルビーAC-4やMPEG-Hを採用し、高度な3Dサウンド設定から一般的なヘッドホンにまで対応できるようにします。

これらの規格がすべて追加されたならば、バンド幅の需要の高まりが心配されますが、フォーラムでは、比較的動きの少ないシーンでデータ量を減らす「コンテンツ認識型エンコーダー」(CAE:Content Aware Encoding)を採用することで、必要なバンド幅を低減できると考えています。しかし、すでに4K放送への対応を完了しているプロバイダーや放送局では、内容がゴルフやトークショーなど、映像に動きの少ないものを中心に放送している場合には、高フレームレートに対応させるためのさらなるアップグレードは必要ないかもしれません。

これはガイドラインの一式を揃えたものなので、これに準拠したテレビやテレビ放送が、メーカーや放送局から提供されるようになるまでには、まだ時間がかかります。なので、あなたが買った新品の4Kテレビが今すぐ時代遅れになるというわけではありません。しかし、フォーラムが定めた基準を見れば、数年後のテレビはどのようになっているのか、少しだけ見えてきます。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Jon Fingas, @jonfingas