先端デジタルテクノロジー展のMOPICブースにて、VRゴーグルなしで立体視できるスマホケース「Snap 3D」を見つけました。

Snap 3Dは、通常はスマホケースとして使用し、3Dコンテンツの視聴時にケースの表裏を逆にハメるとスマホ画面がレンチキュラーレンズの3Dスクリーンになります。 無料の専用アプリで対応コンテンツを再生すれば裸眼で立体視が可能です。

面白いのは、この専用アプリで瞳孔間距離をトラッキングして立体視を最適化してくれる点。傾き補正などの微調整も可能です。YouTubeの3D映像なども見られます。なお、静止画も試してみましたが、現時点では4K解像度までしか対応していないようで、再生できず。4Kサイズに縮小すれば表示できました。

レンチキュラーレンズは文字などの細かいものはとても見づらくなりますが、3D視聴時にだけ簡単に使用できるのはとても良いですね。製品は現在、iPhone用とGALAXY用があるそうです。ブースで販売もしていたので、ひとつ購入してきちゃいましたw