iPhoneX
2018年中に発売予定とされる次世代iPhone Xおよび6.5インチのiPhone X Plus(仮称)用のOLEDパネルを、サムスンが生産開始するとの噂が報じられています。

台湾の新聞メディア経済日報のサプライチェーン情報によると、同社は5月には2〜300万枚、6月には4〜600万枚を生産するとされています。経済日報の報道によれば、これに先立ってサムスンはiPhone Xの売れ行き不調によりアップルからのOLEDパネル注文が半減。その結果、OLED生産は数ヶ月停止されていたものの、5月にはようやく再開。翌6月にはさらに生産倍増するとのことです。

経済日報はアップル関連の情報については実績が乏しいとの指摘もありますが、2018年2月には日経アジアンレビューでも「iPhone X減産を受けて、サムスンがOLED生産予定を削減」と報じられていました。

5月というのは、例年のアップルの新iPhone生産開始時期に比べるとかなり早いものの、iPhone Xの発売直後のような生産の遅れはなんとしても避けたいところ。これ以前にも、次期iPhone試験生産が4〜6月に前倒しや、同時期にFace ID用3Dセンサーが生産開始されるとの報道もありました。


next
5.8インチ版iPhone Xの後継機や6.5インチ版iPhone X Plus(仮称)といったOLED2機種に6.1インチのLCD版も加えて、3機種のラインナップがたびたび噂されている2018年版の次期iPhone。本体の試験生産やOLEDパネルなど部品の生産が本格的にスタートすれば、アップルが意図しない情報の流出もあるかもしれません。