au版Galaxy Note8にAndroid 8.0アップデート配信開始、マルチタスク機能を強化

ピクチャ・イン・ピクチャにも対応

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年04月24日, 午前 11:40 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

KDDI(au)は4月24日、同社が販売するGalaxy Note8 SCV37に対してAndroid 8.0 OreoへのOSアップデートを含ソフトウェア・アップデートの配信を開始しました。

このアップデートによりAndroid 8.0に更新されるほか、セキュリティパッチレベルが「2018年4月1日」となります。アップデート後のビルド番号は「R16NW.SCV37KDU1BRD5」。

Android 8.0へのアップデートでは、OSのマルチタスク機能が強化され、アプリを小窓に表示して、別アプリが起動中でも動作させる「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能が追加されています。



また、マルチウィンドウ状態でホーム画面に戻った際、起動中のアプリの表示がわかりやすくなります。




この他、クイックメニュー表示機能が追加され、ホーム画面でアプリアイコンを長押しすると、アプリの主な機能に直接アクセスできるようになるなど、多数の変更が加えられています。




アップデートは「設定 > ソフトウェア更新」、もしくはパソコンにインストールしたSmart Switchから。

なお、Galaxy Note8はNTTドコモからも販売されていますが、こちらのアップデートは未定です。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android8.0, au, galaxy, galaxynote8, mobile, oreo, smartphone
0シェア
FacebookTwitter