人混みにイライラしないためには? 事前にGoogleマップで混雑状況を予想しよう:Google Tips

空いている時間帯がわかるかも

KUMIKO KAMBE
KUMIKO KAMBE
2018年04月24日, 午後 03:00 in tips
0シェア
FacebookTwitter

休日に訪れたい場所があっても、混雑状況がわからず不安に思う人もいるでしょう。そんな人は、「Googleマップ」で目的地の混雑状況を確認することをおすすめします。曜日や時間ごとの混みぐあいを大まかに確認できるので、空いている時間を予想して目的地に向かう、という使い方もできます。Googleマップを使って、人混みにイライラせず目的地を効率よく散策する方法を覚えましょう。

Googleマップで混在する時間帯を調べる

まずはGoogleマップを起動し、目的地を検索しましょう。検索結果の詳細ページを開き、画面を下にスクロールすると、「混雑する時間帯」という項目が表示されます。ここでは、曜日ごとの混雑状況を、グラフで確認できるのです。


▲Googleマップの検索ボックスに目的地を入力し検索。詳細ページを下から上にスワイプする(左)。その日の混雑状況が表示された(右)

ほかの日の混雑状況を知るには、「混在する時間帯」の右横にある曜日をタップし、そこを訪れる曜日を選択してください。


▲曜日をタップし、自分の訪問日をタップして選択する(左)。その曜日の混雑状況が表示された(右)

グラフの時刻をタップすると、該当時刻について「通常は混んでいます」「通常はやや混んでいます」といった情報を確認できます。なお、検索した場所によっては「訪問プラン」という項目から、その場所の平均滞在時間が表示されます。旅行や散策の予定を立てるときに、活用しましょう。


▲時刻タップすると、該当する時間の大まかな混雑状況が表示される。「訪問プラン」からはその場所の平均滞在時間がわかる

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: app, google, google maps, Google Tips, mobile, smartphone, tips
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents