OLED)
2018年に生産するiPhone向けのOLEDパネルにつき、アップルが供給元のサムスンと値下げ交渉中であるとの噂が報じられています。

台湾の製造業界誌DigiTimesのサプライチェーン筋情報によると、アップルはOLEDパネル1枚あたり110ドルから100ドルへの引き下げを求めているとのこと。その代わり、2018年中に約1億枚もの大量発注をするとされています。

DigiTimesの情報源は、iPhone Xの総生産コストのうちOLEDパネルは約1/3を占めており、アップルがOLEDモデル(現行のiPhone X)の販売不振の重要な要因と特定したためと述べているとか。

2018年中に発注されるOLEDの内訳は、現行のiPhone X向けが約2500万枚で、2018年の次期モデル(iPhone Xの後継機である5.8インチおよび6.5インチモデル)向けが約7500万枚。合計して約1億枚は、2017年にアップルがサムスンから購入した約5000万枚の倍ということで「アメとムチ」の駆け引きが行われているようです。

アップルがサムスンに値下げを迫りながらも大量発注を続けるのは、同社が求める厳しい基準を満たしたOLEDパネルを生産できるサプライヤーが他にないという事情もあるようです。アップルはLG Displayを第二のOLEDサプライヤーとして検討しながらも、LGは生産に苦戦しており実現は難しいとの報道もありました。

現行iPhone X生産コストの大きな割合を占めるというOLEDパネル。その価格が引き下げられるとすれば、「第二世代iPhone Xは第一世代から100ドル値下げ、899ドル~」とのアナリスト予測がいよいよ現実味を帯びてきたのかしれません。