Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。レノボのDaydream対応スタンドアロン型VRヘッドセット「Mirage Solo with Daydream」と、VR180対応カメラ「Mirage Camera with Daydream」の発表会に行ってきました。製品について動画で解説します。

Mirage Soloは、PCやスマホを別途必要としないスタンドアロン型のVRゴーグル。本体内のセンサーにより外部センサーの設置が必要なく、ケーブルレスで6DoFのルームスケールVRを実現できます。機材の準備や面倒な設定も要らずに、手軽に本格的なVRが楽しめるデバイスなのです。

形状はPSVRに似ており、額部分の大きな面で支えるため想像していたよりも軽く感じました。ケーブルに引っ張られることがないのも軽さを感じる理由のひとつでしょう。 ヘッドセット本体にはコントロールボタンがなく、操作は付属のモーション・トラッキング・コントローラで行います。

実際にコンテンツを体験してみると、スタンドアロン型で6DoF対応というのは自由度が高いですね。今後はこのタイプでハンドトラッキングも可能になっていくのでしょう。

Mirage CameraはYouTubeのVRフォーマットのひとつである「VR180」に対応した4K 2眼カメラで、前方向半球分の立体VR撮影が可能です。撮影モードは「静止画」「動画」「ライブストリーミング」で、ボタンひとつで簡単に切替できます。

今までは魚眼レンズを装着したカメラ2台を横並びにして同時に撮影し、後から投影変換や編集などが必要でした。しかしMirage Cameraを用いれば誰でも簡単にVR180の撮影が可能となるのです。

さらにMirage Cameraで撮影したデータをMirage Soloで直ぐにVR視聴でき、今後は家庭でのVRの楽しみ方がさらに広がっていくと思われます。

;