2015年の今日、SIMロック解除の義務化が始まりました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年05月1日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・2007年5月1日、デルがカノニカルと提携しUbuntuの正式サポートを発表
・2009年5月1日、ニコンがマルチアングル液晶搭載のデジタル一眼レフ「D5000」を発売
・2013年5月1日、パナソニックがウェアラブルカメラ「HX-A100」を発売
・2015年5月1日、SIMロック解除の義務化開始5月1日は「メーデー」。1886年に、シカゴの労働者が8時間労働制を求めてストを行ったことが起源だとか。8時間労働制。いい響きですよね。

過去のできごとで気になったのは、SIMロック解除の義務化(2015年)。過去にもSIMロック解除に関するガイドラインは出ていましたが、2015年5月1日以降に発売する端末に関しては、基本的にSIMロック解除に応じるよう義務化されました。とはいえ解除時期に関しては規定がないため、当初3大キャリアとも購入から180日以降と長めの期間が設けられており、実際に端末をSIMフリー化できるのは半年後。さすがにその後緩和され、今では一括払いでの購入で即日解除などとなっています。ただし、MVNOを使うなら回線を選べばSIMロック解除が不要なこと、また、今ではSIMフリー端末が充実しているといった状況もあって、当初の意義は薄れている気がします。

もうひとつ気になったのは、デルのUbuntuサポート開始(2007年)。ユーザーの要望に応えLinuxの正式サポート、そしてプリインストールモデルの提供を約束していたデルが、Ubuntuの採用を発表しました。Windows一辺倒なPC業界(Macを除く)において、選択肢が増えたことを素直に歓迎したいです。この流れで日本でも......などと夢見ましたが、登場しなかった気がします。ただし、ナレッジベースでインストール方法について紹介されています。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

FeliCaよりお手軽? QRコード決済の実態を中国・深センに学ぶ:モバイル決済最前線


中国でQRコード決済がどのよう使われているのか、という話題です。
QRコードは情報量がそこそこ多いため、色々な用途で活躍しています。日本でよく見かけるのはURLの表示で、読み取ってWebサイトへ誘導し、そこで各種サービスを提供する、というのが一般的。中国ではこれを電子決済サービスと結び付け、お店での支払いはもちろん、個人間の送金にまで利用できます。必要なのはスマホとアプリだけ。特別なICカードや端末が必要ないのですから、そりゃ普及しますよね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: sim unlock, today, ubuntu
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents