米Amazon、児童書を月23ドルで定期配送する「Prime Book Box Kids」発表

プライム会員向けで、現在は招待制

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年05月2日, 午後 03:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter
Shot of a cute little girl reading a book in her bedroom

Prime会員費の値上げが発表されたばかりの米Amazonですが、そのPrime会員の特典として、子ども向けに本を定期的に配送する「Pime Book Box Kids」を発表しました。

1箱22.99ドル(約2500円)の有料サブスクリプションで、2歳までの子どもにはボードブック(厚紙の絵本)を4冊、3~5歳、6~8歳、9~12歳の子どもには、各年齢にあったハードカバーが2冊、定期的に送られてくるサービスです。配送期間は、毎月、隔月あるいは3ヶ月毎を選択可能。

すでに購入済みの本が送付されないよう、Amazonの購入履歴にある本は対象に含まれないとのこと。また、発送前に送られる本が提示され、気に入らなければ別の本(2歳までは8冊、それ以外では6冊の代替え候補を提示)に交換も可能です。

各年齢層にあった本を自分で選ぶ手間がないとはいえ、22.99ドルが安いのかは判断が難しいところですが、注文時に対象となった本の合計が22.99ドルよりも安くAmazonで購入できる場合には、自動的にその安い価格が適用される(22.99ドル以下になる)とのことです。

子どもが1人でない場合は、必要な人数分だけ登録もできます。その歳、配送先としてそれぞれの子どもの名前を登録することを推奨しています。これはわかりやすくなるというだけではなく、子どもにとっても「自分宛てに荷物が届く」という特別感を味わうことができそうです。

多少うがった見方をするならば、これによりAmazonはPrime会員の子どもの情報(人数と大まかな年齢層)を取得できることになります。あまり意味のある情報ではないかもしれませんが、子どもが興味を持ちそうな製品を保護者に対してレコメンドするといった使い方はできるかもしれません(Amazonがそれをするとは限りませんが)。

Prime Book Box KidsはPrime会員専用のサブスクリプションですが、現在は招待制となっています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, business, children, childrensbooks, gear, internet, kids, prime, primebookskids, subscriptionbox
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents