IQOSを販売するフィリップ モリス ジャパンは、専用タバコであるヒートスティックに新たに2銘柄を追加し、一部の店舗にて5月4日より販売を開始しました。

今回、追加されたのは、「マルボロ・ヒートスティック・ブレンド 05」と「マルボロ・ヒートスティック・ブレンド 26」の2銘柄。双方とも、メンソールは配合されないレギュラータイプ。この2銘柄の追加により、IQOSのヒートスティックは、合計8銘柄の展開となりました。▲「マルボロ・ヒートスティック・ブレンド 26」(左)と「マルボロ・ヒートスティック・ブレンド 05」(右)

新銘柄は、本日より全国のIQOS旗艦店、公式オンラインストア、宮城県内のコンビニ・スーパー・たばこ専門店、およびIQOS ショップLABI1 日本総本店池袋で販売されます。つまり、宮城県とIQOS旗艦店がある、札幌、仙台、銀座、原宿、名古屋、梅田、心斎橋、広島、福岡に加えて、池袋で入手可能で、そちらの店舗にアクセスできない人はオンラインストアで入手すると良いでしょう。

追加されたレギュラータイプ2銘柄とは?


IQOSのヒートスティックは、これまでレギュラータイプ3銘柄とメンソールタイプ3銘柄の合計6銘柄で展開していました。今回、新たにレギュラータイプが2銘柄追加されましたが、既存のレギュラータイプとは一線を画したシリーズという位置づけのようです。

と言うのも、既存のレギュラータイプには、「レギュラー」「バランスドレギュラー」「スムースレギュラー」といった、タバコ成分の強弱によって命名がなされていましたが、今回の新銘柄には「ブレンド 05」といった名称が付けられています。つまり、なんらかのフレーバーがブレンドされていることを意味し、普通のレギュラーとは味わいが違うということ。その違いを筆者がレビューしてみます。

▲早速、吸ってみます!

オレンジ色のレギュラー「ブレンド 05」


「オレンジ色のレギュラー」というキャッチコピーがつけられている「ブレンド 05」。その名の通り、箱を開ける前からフルーティな香りが漂ってきます。

▲オレンジ色のレギュラー「ブレンド 05」

イメージ的にオレンジというと柑橘系のメンソールを思い浮かべますが、本製品はレギュラータイプ。開封時こそフルーティな香りが漂いますが、吸ってみると、そこまでではなく軽めのレギュラーにほんのり香りが漂う程度。メンソールや柑橘系が苦手という人でも、問題なく吸えるほどライトな味わいです。

ブラウンのレギュラー「ブレンド 26」


キャッチコピーが「ブラウンのレギュラー」とのことですが、何がブラウンなんだろう? という疑問が先行します。しかし、一度吸ってみればその疑問は全て解決します。

▲ブラウンのレギュラー「ブレンド 26」

パッケージを開けると、ほのかに甘い香りが漂ってきます。一口吸った感想としては「うん、チョコレート!」もしくは「コーヒー?」の香りがブラウンたる理由でした。ただし、甘ったるいというほどではなく、喫煙感はあくまでもレギュラーで、ほんのりと甘い残り香を感じると言った具合です。喫煙感は、ブレンド05と同等かチョイ濃い程度。こちらもライトに吸えそうです。

レギュラー好きにはウェルカムな今回の新銘柄


かくいう筆者もレギュラーを愛好しておりまして、新しいフレーバーの追加は大歓迎と言ったところ。今回の新銘柄は、双方とも強烈な香りではなく、レギュラーの味わいを壊さない程度に絶妙な調合がなされており、既存のレギュラーを吸っている人でも、気分転換に替えてみるのも良さそうです。

▲IQOSヒートスティックは全8銘柄に