Daydream対応スタンドアロン型VRヘッドセットMirage Solo動画レビュー、パーソナル6DoFがやってきた!

残念な点もありますが、今後に期待!

わっき(Digital Wackys)
わっき(Digital Wackys), @d_wackys
2018年05月10日, 午後 12:00 in 6DoF
0シェア
FacebookTwitter


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。Daydream対応スタンドアロン型VRヘッドセット「Mirage Solo」を数日間使ってみました。



スタンドアロン型なので準備は非常に簡単。初回起動時に無線LANとGoogleアカウントの設定が済んだら直ぐにVRを楽しめます。まずはチュートリアルで操作を確認しましょう。

Googleプレイストアからアプリをダウンロードして楽しむのですが、Daydreamのメニューが洗練されていないのでパソコンで操作した方が分かりやすいです。インストール先をMirage Soloに指定すれば、自動的にダウンロード。それでもまだ検索やソート機能が充実していない感はあります。タイトル数が増えてくればこの辺は改良されていくでしょう。


色々試してみたのですがバッテリー消費はだいたい公証通りといった印象。それよりも先に目が疲れてきました。

360度映像を見られるアプリは、YouTube VR以外にも360Channel VRやDiscovery VRなど色々あります。現時点でDMMアプリがないのが残念......。

microSDカードスロットがあるのでデータ移動も簡単。360度カメラで撮影した写真/動画や自作コンテンツなども再生できます。ただし、180SBSや360TBの立体VR写真の再生がフォトアプリではできませんでした。何らかのVR再生アプリが必要そうなのですが、まだコレと言ったものが見つけられていません。動画はSKYBOXでほぼ解決できます。

VRゲームは単純な操作のものが多いですが、VRならではの体験をできるのではないかと思います。6DoFの恩恵が大きいのもゲームだと思うのですが、まだ対応コンテンツが少ないのとプレイストアで見つけづらいのが残念です。Mirage Soloの本領を発揮できるのは、この辺が充実してきてからだと思います。

大いに期待しましょう!

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 6DoF, Daydream, lenovo, Mirage Solo, VR
0シェア
FacebookTwitter