本体を手に取りプレイする携帯モードのほか、ドックを使い大画面でプレイできるTVモード、内蔵キックスタンドを使い机の上などに置いて遊べるテーブルモードと、様々な遊び方ができるNintendo Switch。しかし発売当初から指摘されていのが、「テーブルモード中は充電できない問題」です。

Switchの充電ポートは本体下部にあるため、テーブルモードではそのポートがふさがりケーブルを挿すことができません。これを解決するため、サードパーティーから様々なスタンドが発売されてきたわけですが、発売から1年以上経ったところで、ようやく純正の充電スタンドが発表されました。「Nintendo Switch充電スタンド」は充電ポートを側面に変換するためのアダプタ。だけではなく、背面のスタンドに無段階調整のフリーストップ方式を採用。角度固定の本体スタンドでは照明が反射して見づらいといった場合や、飛行機や新幹線のテーブルで使う際、画面の角度を自由に調節可能です。



もっと早くに出して欲しかったところですが、発売は7月13日と少し先。価格は1680円(税別)でACアダプタは付属しません。