au Xperia XZ2は5月下旬発売、DUALSHOCKのように震えるスマホ

一言で表現すると「大刷新」

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年05月14日, 午後 02:01 in dualshock2
0シェア
FacebookTwitter

auは、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia XZ2」を5月下旬に発売します。

Xperia XZ2を一言で表現すると「大刷新」です。シリーズ初の18:9液晶を採用し、片手で持ちやすい横幅はそのままに、縦方向へ大画面化(5.8インチ)を実現。背面は丸みを帯びたガラスで、Qiワイヤレス充電にも初対応。指紋センサーも側面から背面に移動しています。

カメラも強化されました。1920万画素のMotion Eyeカメラシステムは据え置く一方、スマートフォンでは世界初採用となるHLG(Hybrid Log Gamma)形式の4K HDRビデオ撮影に対応。さらに、960fpsスーパースローモーションもフルHDで撮影可能に。そのほか、インカメ単体でも顔を3Dスキャンできる「3Dクリエーター」を利用できるようになりました。

●振動アクチュエーターの大型化で「震える」スマホに

また、隠れた新機能と言えるのが「ダイナミックバイブレーションシステム」です。これは、映像やゲームのサウンドを解析し、臨場感を高めるように本体がズンズンと振動する機能。これは、振動アクチュエーターの大型化で実現したといい、実際に体験してみると、まるでPS4のDUALSHOCKコントローラーのようにゲームや映像への没入感を高めてくれます。



プロセッサーには、クアルコム最新のモバイルSoC「Snapdragon 845」を採用。XZ1シリーズの「Snapdragon 835」に比べてCPU性能が30%、AI処理性能が3倍に向上しています。RAMは4GB、画面解像度もフルHD+(2160×1080ドット)と両モデルで統一。その他、IP65 / IP68防水防塵や、大音量のステレオスピーカーなどXperia XZ1からの仕様を引き継ぎます。

Xperia XZ1が搭載した3.5mmイヤホンジャックやノイズキャンセリング機能は廃止。au版は、ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイに対応します。


本体サイズは72×153×11.1mm、重量は198g。カラーバリエーションは「リキッドブラック」「リキッドシルバー」「ディープグリーン」「アッシュピンク」の4色です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dualshock2, sonymobile, xperiaxz2
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents