1980年の今日、「パックマン」が誕生しました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年05月22日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・1980年5月22日、ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)が「パックマン」のロケテストを開始
・2009年5月22日、三菱電機が超解像技術を搭載した23インチフルHD液晶「RDT231WM」を発売
・2010年5月22日、ソニーが新しくなったVAIO P「VPCP11Aシリーズ」を発売
・2012年5月22日、富士フイルムが5月末でAPSフィルムの販売を終了すると発表
・2015年5月22日、リコーイメージングがデジタル一眼レフカメラ「K-3 II」を発売5月22日は「ほじょ犬の日」。社会福祉法人日本介助犬協会が制定。身体障害者補助犬法(補助犬法)が2002年の今日に成立したことにちなみます。

過去のできごとで気になったのは、ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)の「パックマン」誕生(1980年)。この日からゲームセンターでのロケテストが始まり、7月に発売されました。10月には米国進出を果たしています。2010年には30周年ということで多くの企画が実施されましたが、Googleの検索画面に表示されるDoodlesとして初めて、実際に遊べるゲームとして登場したことも話題となりました。ちなみに今でも遊べます。トップの画像は35周年記念で作られた「PAC-MAN WEB」から。


もうひとつ気になったのは、三菱電機の「RDT231WM」発売。PC用のディスプレイとして初めて超解像技術を搭載し、解像度の低い動画もくっきりとした鮮明な画質で再生できることから注目を集めました。DVDや動画サイトの低解像度映像もキレイに見えるようになります。これ以外にも、HDMI×2、DVI-D、アナログRGBを備えるなど入力端子が豊富なこと、グレアとノングレアの2タイプが用意されていたこと、そして何より23インチのフルHD液晶だというのに3万円台後半というコストパフォーマンスの高さが魅力でした。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

AIドローンでゾウを救え。深層学習AIでカメラ映像から密猟者を発見、接近を防止する取り組み


米ミネソタ州のNPO法人リンドバーグ財団が、野生動物の密猟者を発見するためAIドローンを開発した、という話題です。
密猟者はどこから侵入してくるのかわからないこともあり、固定の監視カメラや人の手では発見・取り締まりに限界があります。そこで開発されたのが、ニューラルネットワークによる深層学習を利用したAIドローン。赤外線カメラの映像から動物や密猟者を自動でみわけられるようになるため、広範囲を短時間で、低コストに見張ることができます。動物たちの数や活動範囲を調査するといった場合にも活躍してくれそうですね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: doodle, mitsubishi, pac-man, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents