SamsungがGalaxy S8そっくりの外観を持つミドルクラス端末「Galaxy S Lite Luxury」を中国で発表しました。以前の噂でGalaxy S8 Liteと呼ばれていた端末です。


その外観は、Galaxy S8にそっくりというより、同じ筐体を使っているのではないかと思うほど。サイズは148.9 x 68.1 x 8mmでGalaxy S8と全く同じ。ディスプレイもS8と同じく5.8インチのSuper AMOLED。ただし、解像度は少し下がって2220x1080ドット。

背面もS8とほぼ同じですが、カメラ横のフラッシュ部分が異なり、心拍センサーは搭載していません。背面カメラは1600万画素 f/1.7でS8よりも画素数は上がっていますが。デュアルピクセルではないようです。フロントカメラは800万画素 f/1.7で仕様上は同じもの。



見た目は似ていると言っても流石に中身は異なっており、SoCはSnapdragon 660にダウングレードしています。それでもRAM4GB、ストレージ64GB、バッテリー容量は3000mAh、IP68の防水防塵にワイヤレス充電対応と、それ以外の部分ではS8と同じ仕様。虹彩認証にも対応し、AKGのイヤホンも付属します。

カラーはミッドナイトブラックとブルゴーニュレッドの2色。このカラーバリエーションがLuxuryたる所以のようです。

ハイミドルな端末ですが、価格も3999元(約7万円)と仕様に見合って高めになっています。中国ではすでに予約が開始されていますが、他の市場で販売されるかの情報はありません。