昨年末に大きな話題となった「電池劣化 iPhone の意図的な低速化」。AppleはiOSにバッテリーの劣化状況を確認できる機能を追加するとともに、保証対象外のバッテリー交換費用を通常の8800円から3200円に大幅な値下げを行いました(2018年12月末まで)。

ただ、ユーザーによっては動作が遅いなどの理由により、値下げ前にバッテリー交換をしている人もいるはずです。そこで、Appleは、値下げ前に保証対象外のバッテリーを有償交換したユーザーについて、差額の5600円を返金すると発表しました。

対象となるのは、2017年1月1日から2017年12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行った人。ただし、Apple正規修理拠点(Apple Store 直営店、Apple リペアセンター、Apple 正規サービスプロバイダのいずれか)で行っている場合に限ります。

対象者には7月27日までにAppleからメールで連絡があるとのこと。返金方法は銀行振込か、バッテリー交換時に利用したクレジットカードへの返金となりますが、詳しい案内はこのメールに記載されているとのことです。

なお、対象となるはずなのに8月1日までにAppleからメールが来ない場合には、2018年12月31日までにAppleまで問い合わせて欲しいとしています。