Amazon Goがサンフランシスコやシカゴにもオープン予定。全国展開への第一歩か

日本にも来て来て!

Honyaku KanaiTetsuo
Honyaku KanaiTetsuo
2018年05月28日, 午後 06:30 in amazon
0シェア
FacebookTwitter
SEATTLE, WA - JANUARY 22: A shopper walks out the the Amazon Go store, on January 22, 2018 in Seattle, Washington. After more than a year in beta Amazon opened the cashier-less store to the public. (Photo by Stephen Brashear/Getty Images)

[Engadget US版より(原文へ)]

もうシアトルに直行しなくても、Amazon Goストアで買い物ができるようになります。Amazonはシカゴサンフランシスコで店長の募集を開始しました。つまり、それらの街に、あの無人会計ストアが登場するということです。Seattle Timesの取材に対して、Amazonは具体的なオープンの日時は明らかにしていませんが、いくつかのヒントはあります。Curbedは、Amazonがシカゴの繁華街ループ地区に店舗建設の許可を取り付けたと書いています。またSan Francisco Chronicleは、ユニオンスクエアの近くに店ができると報道しています

Recodeは、2018年に6店舗以上がオープンし、その中にロサンゼルスも含まれるとスクープしています。

すでにオープンしているシアトルの店舗はうまく行っているようなので、店舗数の拡大は時間の問題だと思われていました。問題は、その場所です。Amazonはホームタウンにこだわるのか、それとも地方に拡散させるのか。それが今、判明しました。地元から離れた場所にそのテクノロジーを広げてゆく計画です。もっとも、どこも道に迷いやすい都会の真ん中ですが。Amazonは果たして、Amazon Goを全国にくまなく展開するのでしょうか、それとも、競合する技術に依存する他の小売業者に見せつけるためのショーケースとしてのみ運営するのでしょうか。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Jon Fingas
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, amazon go, checkout free, chicago, convenience store, open, san francisco, seatle
0シェア
FacebookTwitter