ヴァージングループ総帥リチャード・ブランソン、宇宙旅客機VSS Unity搭乗目指し訓練中「数ヵ月後には飛ぶよ」

夢の実現と安全性証明のため

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年05月28日, 午後 01:30 in Space
0シェア
FacebookTwitter
英ヴァージン・グループ総帥リチャード・ブランソンが「数ヵ月後には」Virgin Glacticで開発中の宇宙旅客機VSS Unityで宇宙飛行を体験すべく、トレーニングに励んでいることを明かしました。Virgin Galacticは宇宙旅行企業として、すでにレディ・ガガを始めとするセレブに予約席を販売していました。しかし、2014年10月に発生したテスト中の宇宙機SpaceShip Two墜落事故が、宇宙旅行サービス開始のスケジュールを大きく遅らせることとなりました。もしかすると予約のキャンセルも出ているかもしれません。

現在、改良型となるSpaceShip Two 2号機「VSS Unity」はロケット推進試験を重ねている最中で、一歩ずつ、着実に開発と安全性の確認作業を進めているところ。まだ、Virgin Galacticが宇宙飛行を実施する日は確定していないものの、リチャード・ブランソン自らが実際にこの改良型宇宙機に乗り込み宇宙旅行を実現させれば、Virgin Galacticの安全性を世界に大きくアピールすることになり、搭乗希望者もまた増加するかもしれません。

気になるのは、この宇宙旅行事業が庶民の手の届くものになる日が来るのかというところ。以前に提示されていた価格はひとり25万ドル(約2743万円)。日本の公式旅行代理店によると、日本からは19人が予約済みのようです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: astronaut, gear, richardbranson, space, spaceflight, spacetourism, transportation, virgingalactic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents