[Engadget US版より(原文へ)]

グーグルのARお絵かきを体験するのに、Androidスマートフォンはもう必要ありません。同社がiOSバージョンリリースした「Just a Line」アプリは、同一3次元空間でiPhoneユーザーといたずら書きが楽しめるのです。

3月にほぼ同一内容のAndroidバージョンがリリースされたこのアプリですが、より先進的なクロスプラットフォーム機能が追加されています。これはiPhoneとAndroidスマートフォンを持つ2人がパートナーとなり、一緒にスケッチを楽しめるのです。つまり、どちらのパートナーからでももうひとりの落書きを見て、さらに追記することもできます。

このiOSアプリはただのクリエイティブなツールではなく、むしろ技術的なショーケースともいえます。グーグルは「ARCore」のCloud Anchorsを利用してこのクロスプラットフォーム機能を実現しており、またAndroidとiOSバージョンのソースコードを開発者のために投稿しています。そう遠くないうちに、このようなAR共有の体験をより多く目にすることでしょう。



編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Jon Fingas