Apple Watchどうしで話せるトランシーバー機能、watchOS 5で追加。WiFi接続でも利用可

こちら〇〇。応答願います

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年06月5日, 午前 05:30 in Wearables
0シェア
FacebookTwitter
アップルの開発者会議WWDC 2018より。アップルがwatchOS 5用の「ウォーキートーキー」と称するアプリを発表しました。ウォーキートーキーとは日本で言うトランシーバーのこと。携帯電話回線もしくはWiFiを経由して、2つのApple Watchの間で会話ができるようになります。ウォーキートーキーアプリを起動すると、まず最初に会話したい相手を選択します。そして相手にリクエストを送れば、相手に振動とビープ音で知らせます。これによって、世界中どこにいる相手とでも会話ができるようになるとのこと。

相手もApple Watchを着用している必要こそあるものの、腕時計に向かってトランシーバー的会話ができるというのは、たとえば音楽フェスに行って現地で仲間と落ち合うときなどにも手軽に使えて良いかもしれません。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, applewatch, gear, talk, walkietalkie, watchos5, wearables, wwdc2018
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents