ASUSがゲーミングスマホ「ROG Phone」発表、SwitchやDS風ゲーム端末にも変身

電話できるのが逆に不思議

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年06月4日, 午後 11:05 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

台湾で始まったCOMPUTEX TAIPEI 2018において、ASUSが同社のゲーマー向けブランドROGの名を冠したゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を発表しました。

ゲーミングスマートフォンは、昨年、PC周辺機器メーカーのRazerが発売した「Razer Phone」を皮切りに、Xiaomiが出資している「Black Shark」、ZTEのサブブランドNubiaから「Red Magic」が発表されるなど、注目を集めるジャンルになりつつあります。

ASUSのROG Phoneはゲーミングスマートフォンを名乗るだけあり、RAMは8GB、SoCにはハイエンドなSnapdragon 845を搭載。しかも、これをクロックアップしており、クロックスピードは2.96GHzに達します(通常は2.8GHz)。これによりAnTuTuスコアは304183点を記録。通常のSnapdragon 845搭載機のスコアは27万点前後なので、クロックアップはかなり効いているようです。



このクロックアップを支えるため、冷却系も強化。放熱エリアの面積は、通常の16倍もの面積になっているとのこと。さらに、オプションで背面に取り付ける冷却システムも用意。冷却性能を向上させることができます。



ディスプレイは6インチ 2160x1080のAMOLED。HDRに対応するほか、90Hz駆動で応答速度は1msとゲーマー向け仕様になっています。バッテリー容量は4000mAh。

背面カメラはZenfone 5と同様の12MP/8MPのデュアル仕様でフロントカメラは8MP。指紋センサは、わかりにくいですが背面に搭載されています。



USBポートは通常のスマートフォンと同様に底面にType-Cポートがあるほか、左側面にも搭載。これは主に専用アクセサリー向けですが、横持ちで使用する際にケーブルが邪魔にならないメリットがあります。



その他、ゲーミングスマートフォンらしい仕様として、横持ちした際に人差し指が当たる位置2か所に超音波センサーを搭載。「AIRTRIGGERS」と呼ぶ機能で、ゲームコントローラーのショルダーボタンのように使用できます。この超音波センサーは縦持ちした際の左下にも搭載されており、右下に位置するセンサーと合わせて、HTCの握って操作するEdge Senseのような使い方もできるとのことです。



ROG Phoneは本体スペックだけではなく、多彩な使用方法も大きな特徴です。ディスプレイ、キーボード、マウスを接続して、ゲーミングPCのように使える「Mobile Desktop Dock」、本体左右に取り付け、Nintendo Switchのようなスタイルになる「Gamevice & WiGig Dock」。とりわけ興味深いのが、ROG Phoneを装着し、DSのようなスタイルのゲーム機になる「Twinview Dock」です。



写真ではわかりにくいですが、上画面がROG Phone。下側は内蔵のディスプレイです。追加バッテリにより、使用時間を延ばす狙いもあるようです。

ここまでくると、もはやスマートフォンではなく、ゲーム機の範疇にある気もします。いずれスマートフォンとは別のジャンルとして成長していくのかもしれません。

なお、価格についてはまだ未発表。今年後半の発売が予定されているとのことです。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, computex2018, gaming, gamingsmartphone, gear, interview, mobile, phone, rog, rogphone, smartphone, twinviewdock, video, wigig
0シェア
FacebookTwitter