シャープ、東芝PC事業買収を正式発表。商品・ブランドは継承

約40億円

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年06月5日, 午後 01:50 in sharp
0シェア
FacebookTwitter

シャープは6月5日、東芝のPC事業子会社「東芝クライアントソリューション」の株式約80%を約40億500万円で取得し、子会社化すると正式発表しました。

買収後も東芝クライアントソリューションズの商品・ブランド・人材・技術・販売チャネル等は継承するとのこと。

東芝クライアントソリューションズから引き継いだ技術や商品と、シャープが得意とするディスプレイや各種センサ技術。独自AIエンジン「COCORO+」などを融合させることで、ホーム・オフィス等でのスマート化を推進していくとしています。

シャープといえば、タッチパッドまで液晶のノートブックなど、ユニークなPC製品も発売していましたが、業績悪化によりPC事業から撤退していました。今回の買収により、事実上PC市場への再参入を果たすことになります。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sharp, toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents