おもなできごと
・1999年6月12日、日本HPがWindows CE H/PC搭載の「Jornada 680」を発売
・2014年6月12日、オリンパスが防水防塵・耐衝撃・耐寒性能を備えたタフデジカメ「STYLUS TG-3 Tough」を発売
・2014年6月12日、パナソニックが4K対応ウェアラブルカメラ「HX-A500」を発売
・2015年6月12日、ソフトバンクがAndroidスマホ「Xperia Z4」を発売6月12日は「恋と革命のインドカリーの日」。中村屋の喫茶部(レストラン)開設時のメニューとして、純印度式カリーが発売されたのが1927年のこの日となることから。このメニューを提案したのがインド独立運動で活躍したラス・ビハリ・ボース氏であること、また、中村屋創業者である相馬愛蔵氏の娘、俊子と結婚したことなどから、この名前がついたようです。

過去のできごとで気になったのは、オリンパスの「STYLUS TG-3 Tough」発売(2014年)。F2.0の明るいレンズとマクロ性能の向上、そして何より防水・防塵・耐衝撃性能に優れたタフなボディが魅力の1台です。マクロ撮影は1cmまで寄れるというのもすごいですが、面白いのが「深度合成モード」を使うことで、ボケの少ない写真が撮れること。マクロ撮影だとピントの前後が大きくボケてしまいますが、複数の写真を合成するこのモードを使えば、手前から奥までボケの少ないマクロ写真が撮影できました。

もうひとつ気になったのは、ソフトバンクの「Xperia Z4」発売(2015年)。Z4はZ3からさらに薄く、そしてキャップレス防水に対応したUSBを採用しているのが特徴。またカメラ機能が強化され、フロントカメラの広角化などが行なわれています。あっと驚く新機能というものはないとはいえ、従来からの機能を進化させ、完成度が高められた製品といえるでしょう。ちなみにZ4はドコモとauからも発売されていますが、ドコモが10日、auが11日、そしてソフトバンクが12日と、なぜか3社とも発売日が違っていました。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

HP、3Dスキャナ内蔵の変態PC「Sprout Pro」7月発売。プロジェクタ内蔵で52万円


HPから登場した「Sprout Pro by HP G2」の話題です。
基本的には液晶一体型PCなのですが、さらに2D/3Dスキャナやプロジェクターまで内蔵しているというのが大きな特徴です。内蔵というより上部に装備されている、といった方がより正確でしょうか。プロジェクターは壁などに投影するのではなく、本体下部のタッチマットに映してデュアルディスプレイとして使用するというもの。また、このタッチパットは20点マルチタッチに対応しているうえ、スタイラス入力も可能となっているため、ペンによる加工や修正などができるのが面白いですね。3Dスキャナ機能もこの上部のカメラから行えます。個人だと「何に使うの?」となってしまいますが、用途の一例として挙げられている教育分野では活躍してくれそうです。