NTTドコモは、ファーウェイ製のAndroidスマートフォン「HUAWEI P20 Pro」を6月15日に発売します。

本機は、4000万画素RGB+2000万画素白黒+3倍望遠の3つのセンサー&レンズを備える「Leicaトリプルカメラ」の搭載が最大の売り。

また、AIプロセッサ「Kirin 970」の搭載により、被写体に応じてプロカメラマンのようにカメラ設定を最適化する「AIアシスト」や、三脚なしで美しい夜景が撮影できる「夜景モード」など、3眼カメラとAiを組み合わせた豊富な撮影機能をアピールします。




ドコモ版の本体価格は10万3680円(税込、以下同)。月々サポート適用後の実質価格は、MNPが2万2680円・それ以外が5万7024円です。特にMNPの実質価格はXperia XZ2(3万1104円)やGalaxy S9(3万6288円)など競合機種に比べても安く、コストパフォーマンスでも注目のモデルと言えます。