Google、データ使用量管理アプリ「Datally」をアップデート。1日単位で使用量を制限可能に

少しでも節約したい人にはよさそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年06月20日, 午前 08:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter

GoogleのAndroid向け通信データ管理アプリ「Datally」がアップデートし、ゲストモードや1日のデータ量使用制限などに対応しました。

DatallyはGoogleが昨年末にリリースしたアプリ。Androidには、モバイルデータ通信の使用量やアプリ毎にどれだけ通信しているかなどを確認できる機能が備わっていますが、Datallyはこれをアプリ化したようなものです。Androidの標準機能に加えて、フローティングメニューを表示し、使用中のアプリのデータ通信量もリアルタイムに把握できます。

そのDatallyに新たに加わったのが、ゲストモード。これは、家族や友人などに端末を貸す場合、ゲストモードにしておくと、そのデータ使用量を制限できるもの。家族に貸す際に「何GBまで」と制限するのもどうかとは思いますが、月末などで、いわゆるギガが足りない状態ならば役には立ちそうです。

また、これまでも1ヵ月あたりの使用量を決め、それを超えたら警告が表示されるよう設定できましたが、あらたに1日あたりの通信量を設定可能になりました。MVNOや海外のSIMでは1日の通信量が決められているものもあるので、そういった場合には良さそうです。

なお、Googleによると、モバイルデータの使用量のうち、20%は1か月以上使用していないアプリによって使われているのだとか。このようなアプリを見つけ、アンインストールする機能も追加されています。

最後に、以前から提供されていた付近のWi-Fiスポットを表示するWI-Fiマップがより見やすくなりました。接続したあと、通信速度の評価を行うこともできます。

Googleによると、昨年末にDatallyを公開して以来、利用者は平均21%のデータ量を節約できたとのこと。日本では、3大キャリアが段階性のデータプランを導入しましたが、データ量を節約し、うっかり次の料金に上がってしまうことを防ぐためには、便利なアプリではないでしょうか。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, app, datally, DataTracking, gear, google, internet, mobile, MobileData
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents