ジョウズ・ジャパンは、IQOSのヒートスティックが使用できる互換デバイス「jouz」を全世界に先駆けて、日本で発売することを発表しました。

日本向け製品の第一弾として「jouz 20」と「jouz 12」の2製品がラインナップ。両製品は、IQOSのヒートスティックがそのまま使用できる互換機で、IQOSのようにポケットチャージャーを必要とせず、スティックタイプのデバイス単体で喫煙が可能です。

価格はjouz 20が6980円、jouz 12が6680円。発売日は両製品とも7月20日となっており、公式オンラインストア、アマゾン、楽天市場で販売予定。また、jouz 20は6月20日より、公式オンラインショップとアマゾンにて先行予約を開始し、予約特価として5980円で購入可能となっています。

▲jouz 20(左)とjouz 12(右)。カラバリはネイビーとホワイトの2色展開

両製品の主な違いはバッテリー容量で、1回のフル充電で喫煙できる回数と本体重量が異なります。jouz 20は重量が58gで1250mAhのバッテリーを搭載し、ヒートスティック20本が1回のフル充電で喫煙可能。一方、jouz 12は700mAhを搭載し、重量は44gで12本喫煙が可能です。

▲jouz 20(左)とjouz 12(右)。長さは同等

▲jouz 20(左)とjouz 12(右)。太さに若干の差がアリ

このjouzですが、モバイルバッテリーでシェアを獲得しているAnkerと技術面で提携しており、搭載されるバッテリーはAnker製品と同等のクオリティと考えてOKとのことです。

▲「ジョウズ」のネーミングは日本語の「上手」に由来するとのこと

▲ボタンを長押しして20秒ほどの起動時間で喫煙可能。LEDにより起動までの時間やバッテリー残量、喫煙可能時間を表示

▲IQOSホルダーの加熱ブレードと似た形状の加熱板を搭載。IQOS同様にヒートスティックを内部から加熱するための機構

▲底面の片側をプッシュすると充電用のmicroUSBコネクタが露出します

▲ヒートスティックを取り外すためのホルダー部は、マグネットで吸着する機構を採用

この手の加熱式たばこの互換品の多くは、搭載しているバッテリーが粗悪なものが多く、十分な充電ができなかったり、ヒートスティック1本分の加熱がされないなどの問題が散見されます。

一方、jouzはAnkerが技術支援をしていることもあり、バッテリーの品質は折り紙付き。万が一、問題があっても12カ月のメーカー保証に加えて、Anker製品と同様に日本語サポートが受けられるとのことで、ユーザーとしては安心して使用でしょう。

このjouzですが、まずデザインが際立つと感じました。女性が持っても違和感のないスタイリッシュさは、本家にも勝るとも劣らない印象。喫煙した感想としては、本家IQOSに比べると少々薄く感じました。が、気になるほどではなく、十分な満足感が得られました。また、喫煙時に本体が帯びる熱ですが、ほんのりと温かい程度で、粗悪互換品にありがちな触れなくなるほど熱くなるといったこともないようです。

▲jouz 20とIQOSポケットチャージャーとの比較

▲jouz 20とIQOSホルダーとの比較

また、jouzは別途チャージャーを必要としないコンパクトで軽量設計なので、ポケットにでも入れて手軽に持ち運べるカジュアルさとチェーンスモーク可能という点で、本家IQOSに比べて優位性があります。これまでIQOSが「重い」「かさばる」と感じていたIQOSユーザーには適しているデバイスで、万が一バッテリー切れをおこしても、モバイルバッテリーなどで充電できるので、メイン機としてIQOSの代わりに持ち歩くのもアリ。また、自宅専用のサブ機としても活躍しそうです。