AirPods上位版は防水およびノイズキャンセル搭載で2019年発売か。アップル製オーバーイヤー型ヘッドホンも?

Beatsの扱いは?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年06月26日, 午前 06:30 in AV
0シェア
FacebookTwitter
アップルの完全ワイヤレスイヤホンAirPodsの上位モデルは、防水性能やノイズキャンセリング機能を備えるかもしれません。またiPhoneとの通信可能距離も伸びるとされ、通信安定性の向上につながりそうです。Bloombergが報じた話によると、2019年に発売される新型AirPodsには防水、ノイズキャンセリング、そして通信可能距離の延長が含まれ、価格は現在の159ドル(日本での価格は税別1万6800円)よりやや高くなるとのこと。ただし音質的にいまと比べてどうなるかについては言及されていません。

また今年2018年のアップグレードの話としては、新しいワイヤレスチップやハンズフリーでのSiri呼び出し機能の追加がうわさにあがっています。さらにアップルは内部的に心拍モニターのようなバイオメトリックセンサーをAirPodsに追加することを内部的に検討しているとのこと。ただし、現在のところ、採用の兆候らしきものはなく、新しいAirPodsに本当に心拍計が搭載される可能性は低そうに思えます。

BloombergはさらにアップルはAirPodsだけでなくオーバーイヤー型のヘッドホンも準備中と伝えます。これはプレミアムモデルという位置づけになりそうで、これらの製造のためにオーディオ機器メーカーのTympanyとのパートナーシップ締結を検討中とのこと。まだTympanyとの間でアップルのオーディオアクセサリーの開発契約が結ばれたという知らせはまだありません。

今回のBloombergの情報が正いなら、アップルは2016~2017年に発売したW1チップ搭載のBeatsブランドのイヤホン、ヘッドホンの代替モデルを、Beatsではなくアップルから出そうとしているように思えます。

ところで、AirPodsにノイズキャンセリング機能を搭載するとなると、気になるのはイヤーノズル部分の形状がどうなるか。AirPodsのイヤーノズル部はノイズキャンセリング機能付きイヤホンの多くが採用するカナル型ではなく、インナーイヤー型に近い形状。遮音性という点で不利なこの形状のままでノイズキャンセリング機能を備えてくるのか、はたまた形状変更を盛り込んでくるのか、2019年はまだ少し先ですが注目したいところです。

%Vidible-5b312e30600c9a35717fd4e8%
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: airpods, apple, av, earphones, gear, headphones, homepod, mobile, NoiseCancellation, noisecancelling, wearables
0シェア
FacebookTwitter