2013年の今日、IGZO採用薄型ノート「LIFEBOOK UH90/L」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年06月28日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・2003年6月28日、ニコンが正方形のレンズ回転式コンデジ「COOLPIX SQ」発売
・2013年6月28日、富士通が3200×1800ドットのIGZO液晶搭載薄型ノートPC「LIFEBOOK UH90/L」を発売
・2013年6月28日、日本エイサーがイーゼルヒンジのノートPC「Aspire R7-571-N58G」を発売
・2013年6月28日、日本エイサーが7.9インチの低価格Androidタブレット「Iconia A1-810」(マンガロイドZ)を発売6月28日は「貿易記念日」。1859年のこの日、江戸幕府が鎖国政策を改め、横浜、長崎、函館の3港での自由貿易の許可を布告しました。これを記念した日......のようなのですが、詳細不明。「通商年報 1963年」のP81に詳細があるようですが、オンラインで公開されていないため確認できませんでした。

過去のできごとで気になったのは、富士通の「LIFEBOOK UH90/L」発売(2013年)。14.1インチと大きめの液晶を搭載したUltrabookで、約1.39kgと軽くはないのですが、最厚部でも15.5mmという薄さが魅力のモデルです。最大の特徴は、3200×1800ドットの高精細なIGZO液晶を採用していたこと。この頃から、ノートPCでもフルHDを超える解像度の液晶が採用されるようになってきました。CPUはCore i5-4200U、メモリーは4GB、ストレージは500GBのSSHDを搭載。また、有線LANのコネクターが引き出してから持ち上げる変形ギミックのあるものを採用していたのも印象的です。薄型化はしたいけど有線LANも残しておきたい、というわがままに対する意地を見た気がします。


もうひとつ気になったのは、日本エイサーの「Aspire R7-571-N58G」(2013年)。天面にまで伸びた独自のイーゼルヒンジで液晶が回転し、変形するというユニークなモデルです。アイディアは面白かったのですが、タッチパッドがキーボードの奥にある特殊なレイアウトとなるため、使い勝手は微妙でした。CPUはCore i5 3337U、メモリーは8GB、ストレージは1TB HDDを搭載。液晶はタッチ対応の15.6インチで、解像度は1920×1080ドットというスペックでした。なお重量は約2.4kgとかなり重たいです。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

ドコモの訪日客用プリペイドSIMは「意外感」の塊だった:週刊モバイル通信 石野純也


ドコモが自ら手がけた「Japan Welcome SIM」の話題です。

海外からの旅行者向けSIMは数年前からMVNOが発売していますが、「Japan Welcome SIM」はドコモ本体が提供するサービスとして登場したことで注目を集めました。基本的には外国人向けサービスとなるため日本人には関係がないのですが、APN自動書き込み機能、3サイズに切り取れるマルチタイプのSIMカードの採用など、MVNOで採用されると便利な部分も。こういったところはしっかりと国内向けにも展開して欲しいですね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acer, aspire, fujitsu, lifebook uh90, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents