1979年の今日、「ウォークマン」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年07月1日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・1979年7月1日、ソニーが初代ウォークマン「TPS-L2」を発売
・1986年7月1日、富士フイルムがレンズ付きフィルム「写ルンです」を発売
・1995年7月1日、NTTパーソナル(後にNTTドコモ)がPHSサービスを開始
・2009年7月1日、UQコミュニケーションズが「UQ WiMAX」の正式サービスを開始
・2011年7月1日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)がXperia用マイクロディスプレイ「LiveView MN800」を発売7月1日は「井村屋あずきバーの日」。本格的な暑さがはじまること、古くから毎月1日には小豆を食べる習慣があったことから、井村屋が制定。

過去のできごとで気になったのは、ソニーの「ウォークマン」発売(1979年)。小型のテープレコーダーは携帯用の録音機材で、音楽を聞くものという認識が薄かったころに登場し、再生専用機にも関わらず大ヒットとなったのが「ウォークマン」です。ベースとなったのはモノラルカセットレコーダーの「プレスマン」(TCM-100)で、このヘッドをステレオ化し、再生専用機として設計されました。ウォークマンはヘッドホンステレオの代名詞にまで成長し、時代がCDやMDに移ってからも使われ、今でもポータブルオーディオプレーヤーのブランド名として受け継がれています。

もうひとつ気になったのは、富士フイルムの「写ルンです」発売(1986年)。写真をより手軽に撮影できるよう開発されたレンズ付きフィルムで、フィルムを交換して使うのではなく、本体ごと預けて現像してもらうというスタイルです。カメラ本体が必要なく、気軽にスナップ写真が撮影できるとあって、人気となりました。ちなみに翌年の1987年にはフラッシュ付きモデル、1989年にはパノラマ、1991年には水中写真も撮影可能な防水モデルが登場しています。2016年には30周年を記念して、初代の外装を模した「アニバーサリーキット」が発売されました。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

イーロン・マスクのトンネル第1号は約150m、SpaceXと道向いの駐車場を結ぶ?エレベーターも稼働予定


ロサンゼルスの渋滞に辟易したことから始まったトンネル構想ですが、ついに掘り始めたという話題です。

掘り始めたといっても公共交通網としてではなく、SpaceX本社と、片側3車線の道路を挟んだ駐車場の間の150mの区間です。ただの私道ともいえますが、将来さらに延伸する可能性もあるので、計画への第一歩といってもいいかもしれないですね。ちなみにこのトンネルを使った地下移動網構想ですが、単なる地下高速道路ではなく、自動車やバイク、歩行者までをカバーするライド方式のもの。最近公開された動画では、テスラのModel Xが運ばれていく姿が映されていました。そしてこの運ぶのに使われているのが、SpaceX本社と駐車場を結ぶトンネルのようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: camera, fujifilm, sony, today, walkman
0シェア
FacebookTwitter