本物のフル画面スマホとして話題を呼んだ Vivo NEX S の動画レビューをお届けします。

中国メーカー Vivo が開発した NEX は、フロントカメラを電動ポップアップ式にしたことで、いわゆるノッチ(切り欠き)のないほぼベゼルレスな画面を実現したスマートフォン。しかもディスプレイ一体型の指紋センサまで搭載します。

未来の先取りなのかアイデア倒れの実験端末なのか、レビュアーは本家米国版Engadgetのモバイル先生クリス・ベラスコ記者。%Vidible-5b37d2a2600c9a35dd8e9b1c%


評者の見立てをまとめると、

・ほとんどベゼルレスなディスプレイは確かに魅力的
・自撮りカメラの伸縮は約1秒。耐久性は公称5万回以上。伸びたまま落としたら不安ではある
・ディスプレイ埋め込みの指紋センサは、一応使えるけど遅い
・システム言語を英語にしても、中国語のままのプリインストールアプリが死ぬほど入ってる。
・SoCやRAMは良いのに他社同等スマホほど速く感じられない。FunTouchというカスタマイズOSが原因?
・Google Playもない
・新技術は魅力的。実用は言語やソフトで微妙。想定市場外のユーザーにとっては、使うより遠巻きに眺める製品。

といったところ。レビュー本文はこちら