おもなできごと
・1912年7月3日、大阪市浪速区に初代通天閣が完成
・2006年7月3日、ソニーがSSDを搭載した「VAIO type U」(VGN-UX90PS/UX90S)の受注を開始
・2009年7月3日、ロジクールがMicroGearホイールを搭載したBluetoothマウス「M555b」を発売
・2012年7月3日、ソニーが定額制音楽サービス「Music Unlimited」を日本で開始7月3日は「ソフトクリームの日」。1951年のこの日、明治神宮外苑で開かれた進駐軍主催カーニバルの模擬店で、日本で初めてソフトクリームが販売されたことにちなみます。1990年に、日本ソフトクリーム協議会が制定。

過去のできごとで気になったのは、ソニーの「Music Unlimited」サービス開始(2012年)。PS3やPS Vita、Androidのスマホやタブレット、ウォークマン、パソコン、後にはテレビのブラビアやBDプレーヤーなどでも使える、定額制の音楽サービスとして始まりました。価格は30日間で1480円(後に980円)。1000万曲以上そろえたラインナップの厚さ、キャッシュによるオフライン再生の対応、チャンネルによる自動選曲など、ソニー製品が多いとはいえ対応デバイスの多さなど、サービスとしての質も期待できるものでした。ただし、定額制サービスの常ですが、邦楽のラインナップは弱め。残念ながら3年ともたず、2015年3月30日を最後に終了となりました。


もうひとつ気になったのは、ロジクールの「M555b」発売(2009年)。小型のBluetoothマウスながら、高速スクロールが可能Micro Gearプレシジョンスクロールホイールを搭載しているのが特徴です。ゆっくりとスクロールするときはカリカリという音のするクリック・トゥ・クリックモード、大きく動かしたいときはホイールが回転し続けるフリースピンモードが使えるのが便利でした。ちなみに後継モデルからは、この高速スクロール機能はなくなっています。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

薄く軽くなったMoto Z2 Play実機レビュー、これといった欠点がない優等生


モトローラから登場したミドルクラスAndroid機「Moto Z2 Play」のレビューです。

指紋センサーを使ったジェスチャーや、手を近づけるだけで画面が表示されるMoto Display、拡張モジュールMoto Modsへの対応など、ユニークな部分はいくつもあるのに、基本的には素のAndroidに近いというのが好感がもてます。過度なカスタマイズがされていないので、自分で環境を整えたいといった人には最適かもしれません。カメラやバッテリー、Qi充電など、Moto Modsの拡張機能で遊びたいという人にもピッタリです。ちなみに先月頭には、後継機となる「Moto Z3 Play」が発表されています。こちらも気になりますね。