ながく水空両用の超軽量ロボットを開発していたハーバード大学の研究チームが、今度は陸上/水上/水中を歩行可能な昆虫型ロボHarvard Ambulatory Microbot (HAMR)を開発しました。
HAMRは4つの"かんじき"のような持ち、陸上を這うように歩行することが可能なうえ、RoboBee時代から引き継ぐ約1.65gという軽量さによって、表面張力を利用した水上歩行もできるようになっています。

さらに足の部分に電圧を印加すれば、表面張力を変化させるエレクトロウェッティング現象によって潜水、水底を歩き回れるようになります。もし水から出ようとするならば、砂浜のような陸に続く緩やかな傾斜面があれば前部に柔らかい素材をりようして、表面張力を打ち破って陸上に戻ることが可能です。この脚力は意外と強く、陸上でも水上でも自身の重さとほぼ同じ約1.44gの荷物を運搬する能力があるとのこと。



ただ、緩やかな陸に続く傾斜というのはあえて用意してやらなければそうそう見つけることはできません。そこで、研究チームはカエルのような跳躍メカニズムもしくはヤモリのように壁面に吸着する解決策を検討中とのこと。

将来的にどのような場面にHAMRの技術が実用化されていくのかは少々想像しにくいところ。無理やりその活用方法を考えてはみたものの、現状では引きこもりのチンアナゴに餌を運搬する作業ぐらいしか思い浮かびません。しかし、まだ研究チームは歩行システムに改良を加えていく意向であり、将来的に大きなロボットではできないようななにか有用な作業に、進化したHAMRが使われるのかもしれません。

蛇足。このロボットの正式名称はHarvard Ambulatory Microbot (HAMR)ですが、研究チームはゴキブリが水中に沈められた状態で30分も生き続けるのになぞらえ、このロボット"Next-generation robotic cockroach"、つまり次世代型ゴキブリロボと紹介しています。ただ、あまり効果的な例えではないような気がして仕方がありません。