GeForce GTX 1180、来月発表の噂。エンジニアリングサンプル画像も流出か

マイニング需要はあるのかな?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年07月6日, 午後 06:00 in geforce
0シェア
FacebookTwitter


GPU製品でおなじみNVIDIAが2018年8月に新型フラッグシップGPU「GeForce GTX 1180」を発表するとの予測が、海外で伝えられています。さらに、そのエンジニアリングサンプルとされる画像も流出しているようです。

海外テックサイトのVideoCardzによれば、NVIDIAは8月21日に開催されるイベント「Gamescom」への招待状をジャーナリストに対して送っているようです。これは「PC向け」のイベントではあるものの、それ以上の詳細は不明。またその直前(8月19日〜21日)に開催される「Hot Chips」というイベントで、同社は「次世代メインストリーム向けGPU」のカンファレンスを開催するとの情報もあります。

GeForce GTX 1180のシステム構成についてですが、上のエンジニアリングサンプリングでも確認できるようにメモリには「GDDR6」が採用される見込みです。GPUのアーキテクチャは「Turing」が用いられるとの見方が一般的ですが、これに関する確定情報はまだありません。スペックの事前予測としては、GPUのクロックスピードは1.6〜1.8GHzでメモリ容量は最大16GB、3584個のCUDAコアを搭載するようです。

パフォーマンスに目を向けると、例えば4K解像度/144Hzでのゲームプレーが可能になると予測されています。これにより最近登場した144Hz駆動のゲーミングモニタにて、さらなる快適なゲーム体験をもたらすことでしょう。さらに、VRヘッドセットをシングルケーブルで120Hzで駆動できるようになるようです。これも、現行の一般向けVRヘッドセットを上回る数値です。

現行世代となる「GeForce GTX 10XX」が発表されたのは2年以上も前なので、そろそろ次世代GPUが市場投入されてもおかしくないはず。NVIDIAの今後の動向が注目されます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: geforce, nvidia
0シェア
FacebookTwitter