2016年の今日、ソフトバンクがARMの買収を発表しました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年07月18日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・2003年7月18日、ビクターがCentrino搭載のA5サイズミニノート「InterLink MP-XP7310」を発売
・2013年7月18日、ウィルコム(現:ワイモバイル)がPHS・3G・4G対応スマートフォン「DIGNO DUAL 2」(WX10K)を発売
・2014年7月18日、ソフトバンクが地デジチューナー内蔵モバイルルーター「Pocket WiFi 304HW」を発売
・2015年7月18日、ASUSが4GBのメモリーと128GBのストレージを備えた「ZenFone 2」を発売
・2016年7月18日、ソフトバンクが英ARMを240億ポンドで買収7月18日は光化学スモッグの発生が日本で初めて確認された日。1970年のこの日、東京立正中学・高校の生徒が体育の授業中に目やのどの痛みを訴え、後日の調査で光化学スモッグが発生していたことが判明しました。夏場に発生しやすくなるだけに、注意報が出たときは素直に屋内へ避難しましょう。

過去のできごとで気になったのは、ソフトバンクの英ARM買収(2016年)。ARMといえば、スマホに使われるSoCの多くで採用されているアーキテクチャを手がける企業。「世界中のスマートフォンの97%に搭載されている」(孫正義氏)というほど圧倒的なシェアを誇るだけに、ソフトバンクによる買収のニュースはかなり驚きをもって迎えられました。実際、買収交渉はわずか2週間とのことですから、本当に急な話だったようです。

もうひとつ気になったのは、ウィルコムの「DIGNO DUAL 2」発売(2013年)。以前からPHSの速度の遅さ、圏外となる地域の対策として3Gと組み合わせたサービスを提供していましたが、それを更に拡張し、4G(AXGP)にまで対応させたのがこのモデルです。通話はPHSもしくは3G、データ通信は3Gもしくは4Gが使用されました。スペックは4.7インチ液晶(1280×720ドット)、Snapdragon MSM8960(2コア)、1.5GB RAM、16GBストレージ、防水、ワンセグ、おサイフ対応と、当時としてはよくあるものです。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

警護ロボ「K5」が池に身投げ。ショッピングモールを巡回中、アシモフのロボット工学3原則破り


仕事中に職場を離れ、池に身投げした警備ロボットの話題です。

警備ロボットが池に落ちて壊れただけじゃないか、と軽い気持ちで写真を見たらビックリ。膝ほどもない水深の池へと頭から倒れ込んだとみられる姿は、身投げとしか言いようがないものでした。人間でも膝くらいの水深があれば溺れるし、洗面器一杯の水があれば溺死できるもんな......などと考えると、妙に説得力があります。

常識的なことを言えば、何らかの原因で巡回ルートがずれただけ、もしくは、何者かによるいたずらだと思われますが、あまりにも衝撃的な写真だったこともあって、身投げといわれてしまうと信じてしまいそうです。なお後日談によれば、何者かによるいたずらではなく、巡回ルートを外れていく姿が監視カメラに映っていたとのこと。事件性は減りましたが、そうすると、ますます身投げだった可能性が......。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: arm, softbank, today, willcom, willcom core
0シェア
FacebookTwitter