Bacoorは、仮想通貨ウォレットアプリ「HB Wallet」に、チャットおよび掲示板機能を今秋実装すると発表しました。

チャット機能では、個人同士のプライベートな会話が可能。プロフィールはユーザーのイーサリアムアドレスに基づいて作成されるため、チャットしながら仮想通貨の送受信も可能。送信アドレスを間違えて、違う人に仮想通貨を送金してしまうミスも減らせるといいます。

掲示板機能では、雑談だけでなく、仮想通貨による投げ銭や寄付・トークン紹介などが可能。仮想通貨コミュニティの発展に大きく貢献できるといいます。

「HB Wallet」は、イーサリアムに特化したiOS / Android対応の仮想通貨ウォレットアプリ。イーサリアムのほか、ほぼすべてのERC20・ERC223スタンダードのトークンに対応しています。bacoorによると、ダウンロード数は20万を超えているとのこと。