Uber、乗客がドライバーから見つけられやすくなる新機能を導入

メッセージもタップで送信できます

Honyaku Tsukamotonaoki
Honyaku Tsukamotonaoki, @tsukamoto_naoki
2018年07月18日, 午前 05:00 in transportation
0シェア
FacebookTwitter


[Engadget US版より(原文へ)]

Uberはピックアップ(乗車)のプロセスをシンプルかつ効率的にするアップデートの配信を開始しました。同サービスでは2016年から事前予約が可能ですが、これからはピックアップの時間が保証されます。もしドライバーが時間までに現れなければ、Uberは次回乗車時に使えるクレジットを乗客に提供するのです。

さらにUberはメッセージ機能も改良しています。昨年には乗客がドライバーへと直接テキストメッセージを送らなくてもすむように、チャット機能を追加しました。この機能ではメッセージがドライバーのために朗読されるので、運転の邪魔にならないというものです。そして今後は、乗客とドライバーが既定の定番メッセージをタップ操作のみで送れるようになるのです。



最後に、Uberは乗客に「ドライバーに見つけられやすくなる」機能を提供します。これは「Spotlight」と呼ばれており、乗客のスマートフォンの画面色が自分のドライバー向けに特定の色へと変化するのです。そしてスマートフォンをUberの車両に向かって振れば、ドライバーが乗客を簡単に見つけられるようになります。

この機能はUberが導入した「Beacon」にも似ています。Beaconは車両のフロントガラスに設置され、乗客ごとに特定の色を表示します。Uberのシニア・プロダクト・マネージャーのライアン・ユー(Ryan Yu)氏はTechCrunchにたいし、SpotlightはBeaconを補完するもので、ドライバーがBeaconの装置を所有していないときにのみ利用できると説明しています。

またUberによれば、さらなる機能追加が年内に予定されているそうです。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Mallory Locklear

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, app, beacon, chat, ios, reservations, spotlight, taxi, transportation, uber
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents