Galaxy Tab S4の画像と仕様がリーク。SoCはS835、画面は10.5インチに大型化?

もちろんSペンも付属します

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年07月20日, 午前 11:00 in galaxy
0シェア
FacebookTwitter


韓国サムスンの新型タブレット端末「Galaxy Tab S4」とされる本体レンダリング画像やスペック情報が登場しています。

まず、今回のレンダリング画像は海外テックサイトのAndroid Headlineが掲載しました。画像を見ると、ディスプレイのアスペクト比が縦長に変化し、またベゼルが狭くなっていることがわかります。それ以外の本体デザインは現行モデルの「Galaxy Tab S3」とほぼ変わらず、本体背面には指紋認証センサーを搭載。スタイラス「Sペン」は新モデルに刷新されているようです。

また海外テックサイトのSamMobileの報告によれば、Galaxy Tab S4は縦横比16:10/2560×1600ドットの10.5インチ有機ELディスプレイを搭載。プロセッサはSnapdragon 835で、4GBのRAM/64GBの内蔵ストレージを搭載し、背面カメラは1300万画素で前面カメラは800万画素となるようです。本体のバッテリー容量は7300mAhで、OSにはAndroid 8.1 Oreoが採用されるとしています。

その他の注目点としては、スマートフォンをモニターやテレビに接続してPCのように使えるドック「DeX Station」が使えると伝えられていることでしょう。Galaxy Tab S4がPCのように使えればたしかに便利でしょうが、現在のDeX Stationはスマートフォンの設置を想定した形状。もしかすると、Galaxy Tab S4専用のDeX Stationが登場するのかもしれません。

Galaxy Tab S4は数カ月以内の発売が予測されており、すでにFCC(連邦通信委員会)への登録にも登場しています。8月末にはベルリンにて家電ショー「IFA 2018」が開催されますが、その場でのGalaxy Tab S4の発表を期待したいですね。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, AndroidTablet, galaxy, galaxy tab, Samsung, SPen, tablet
0シェア
FacebookTwitter