Google、自分と同じ姿勢の写真をリアルタイムに表示する「Move Mirror」公開

VTuberにも応用できる?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年07月21日, 午後 07:00 in google
0シェア
FacebookTwitter

GoogleがAIやAR、VRなど、新しい技術を試せる場所として提供している「Experiments with Google」において、自分のポーズと同じ画像をリアルタイムに検索する「Move Mirror」を公開しました。

ウェブカメラで自分の全身を映すと、PoseNetというコンピュータビジョンモデルが身体を検出し、各関節の位置を特定。8万以上の画像データベースから同じポーズの画像を検索・表示します。

リアルタイムに処理されるため、表示される画像も刻々と変化し、最後にGIFアニメとして保存も可能です。



Googleは、「コンピュータとウェブカメラを持っている人は誰でも姿勢推定などのコンピュータービジョン手法を利用できるようになる」としています。全身にトラッカーを配置しなくても体の動きが分かるので、流行りのVTuberなどにも応用できるかもしれません。

なお、撮影されている画像はどこにもアップロードはされません。Move MirrorはTensorFlow.jsを使用しており、姿勢検知などはすべてブラウザ内で完結しているとのことです。

残念ながら、いまのところスマートフォンでは動作しません(正確には、小さなViewPortはサポートしていないとのメッセージが表示されます)が、インカメラを搭載したラップトップなどなら簡単に試せそうです。

Experiments with Googleでは、他にも、表示される絵文字と同じ画像を映す「Emoji Scavenger Hunt」や、文章を入力すると関連しそうな書籍を検索して表示する「Talk to Book」、指定された単語やフレーズに関連する言葉を入力していく「Semantrist」なども公開されています。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ai, aiexperiments, av, ComputerVision, entertainment, gear, google, movemirror, pose, TensorFlow, video
0シェア
FacebookTwitter