2011年の今日、Windows 7 PCとケータイを1台にまとめた「F-07C」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2018年07月23日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

おもなできごと
・1995年7月23日、ヘール・ボップ彗星を発見
・2011年7月23日、富士通がスライドキーボード付きWindows 7ケータイ「F-07C」を発売
・2014年7月23日、JALが国内線初の機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を開始
・2016年7月23日、ASUSが急速充電に対応したAndroid Wear搭載スマートウォッチ「ZenWatch 2 WI501Q / WI502Q(BQC)」を発売7月23日は「文月ふみの日」。1979年に郵政省(当時)が毎月23日を「ふみの日」と定めましたが、とくに7月は「文月ふみの日」として郵便切手の発行などが行なわれています。

過去のできごとで気になったのは、ドコモから登場した富士通の「F-07C」発売(2011年)。Andoridではなく、Windows Phoneでもなく、ごくごく普通のWindows 7が動作するケータイです。CPUはAtom、メモリー 1GB、32GB eMMC、4インチ(1024×600ドット)液晶を搭載。これでは単なるWindows PCじゃないか、と思ってしまいますが、この子のすごいところは「ケータイ」を名乗るだけあって2つのモードを持ち、「Windows 7」と「ケータイ」を切り替えて利用できることにあります。切り替えといっても基本的には同時に動いているので、microSDを使わなければデータを共有できなかったり、Wi-FiはWindows 7だけ、BluetoothやGPS、メインカメラはケータイだけからしか使えないなど機能面で制限があったりしますが、しびれるほどの変態カッコよさを考慮すれば、これらは些細な問題といえるでしょう。バッテリー駆動時間が約2時間だというのも、気にしたら負けです。そもそもどうして1台にまとめちゃったのか、などと根本的な疑問をもつのも禁止です。


もうひとつ気になったのは、ASUSの「ZenWatch 2 WI501Q / WI502Q(BQC)」発売(2016年)。2015年11月に発売したZenWatch 2に追加された新モデルで、急速充電に対応したのが特徴です。約15分で約60%まで充電可能なほか、満充電まででも約70分と短く、バッテリー容量に不安のあるスマートウォッチとしてはうれしい改良点となりました。スペックは、OSにAndroid Wear、Snapdragon 400、512MB RAM、4GB eMMC、1.45インチ(1.63インチ)有機EL、IEEE802.11b/g/nなど。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

速報:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも


シカゴで開催されたポケモンGOの1周年記念イベントの話題です。

有料チケット制で入場者数を制限したうえでのイベントでしたが、ログイン障害が発生。最終的に、チケットの返金やポケコインの配布、伝説のポケモン「ルギア」の配布が行なわれました。ソーシャルゲームなどでは障害に対する補償の意味で「詫び石」などが配られることがありますが、それをリアルイベントで実施したような感じですね。せっかくのイベントが台無しになってしまったのは残念ですが。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, f-07c, fujitsu, loox, today, zenwatch2
0シェア
FacebookTwitter